呼吸器外科

呼吸器外科とは、外科的な療法により診療を行う科目のことです。気管、気管支、肺、胸膜といった呼吸器に関わる症状を扱います。たとえば咳、痰(血痰)、息切れ、いびき、喘息による息苦しさなどの症状を診療し、それらが原因となって発症する風邪、気管支炎、肺炎、感染性疾患、肺気腫、気管支喘息、強膜炎、自然気胸、気管支拡張症、睡眠時無呼吸症候群、肺がんなどを治療します。「呼吸器内科」では主に服薬によって治療しますが、呼吸器外科では、手術や胸腔ドレナージ治療などを行います。
日本には、日本呼吸器学会が発足させた「専門医制度」があります。試験に合格すると「呼吸器専門医」と認定されるほか、さらに高水準の能力を持った医師と認定された場合は、「呼吸器指導医」として認定されます。

病院の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ