高齢化社会

高齢化社会とは、総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口が増加した社会のことです。世界保健機構(WHO)や国連の定義によると、高齢化率が7%から14%の社会のことを「高齢化社会」いい、14%を超えた社会を「高齢社会」、21%を超えた社会を「超高齢社会」といいます。日本では1970年に高齢化社会となりました。その後1994年に高齢社会になり、2007年には21%を突破したので正確には日本は現在「超高齢社会」となっています。2025年に「団塊世代」が75歳以上の後期高齢者になることにより、介護や医療費など社会保障費の急増が懸念される「2025年問題」が近年の大きな課題として注目されています。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ