大村益次郎

大村益次郎は、幕末期の兵学者です。戦略家として類まれな才能に恵まれ、戊辰戦争で長州藩の指揮をとり、勝利へ導いたことで有名です。 また、日本陸軍の創始者とされています。軍人という印象が強い大村益次郎ですが、長州藩の医者の子として生まれ、緒方洪庵の元でオランダの医学を学んだ、医師でした。長州で開業をするも、理論家であり無愛想で頑固な性格のため、「患者に冷たいヤブ医者だ」と言われていたそうです。 大村益次郎を題材とした小説として、司馬遼太郎著『花神』があります。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ