総合診療

総合診療とは、専門分野を持たず、医学についての幅広い知識により患者を診療することです。
総合診療では、短期の病気を治療するだけでなく、長期的に患者と関わることで、患者の心の状態や必要なケアを見定めます。また、規模の大きい病院に設置される総合診療科は、患者の症状に対して適切なアドバイスを行う窓口の役割を持っています。
高齢者は特に、複数の病気を患っている場合や、精神的な問題を抱えている場合がありますが、専門分野だけを診療する医師の治療は部分的なものに留まります。現代日本では高齢化が進んでいるため、総合診療の拡充が求められています。
総合診療医は、患者の症状を診て、専門医による治療が必要と判断すれば、専門の医師を紹介します。こうした総合診療をプライマリ・ケアと呼び、個人の長期的な健康状態の保持を目的としています。

キャリアの一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ